農薬取締法一部改正ついて ☆重要☆

 タイトルに農薬の使用についてと書いてありますが、無農薬で使われる牛乳や 木酢液も関係してくるのでご報告します。


 農薬取締法一部改正について。(2003/3/10改正)


主な変更点

1.農薬の使用者が農家だけでなく家庭菜園をしている一般の人も対象になりま す。

2.隣の畑の作物に農薬をかけて、その作物に残留農薬が検出された場合両者が 罰せられる可能性があります。(私の解釈です)

3.農薬の分類の変化

 1)指定農薬(今までの農薬)
 2)特定農薬(2003/03/10現在確定)
   ・重曹
   ・食酢
   ・地域で採取された天敵
  ※特定農薬とは無農薬栽培で使ってもよいという素材(私の解釈です:農薬ではありません
 3)無登録農薬(製造、販売の禁止されているものなど)

4.罰則・・・100万円以下の罰金又は3年以下の懲役

 なお、以下の件に関しては私の解釈したものなので正しいとは言い切れません のでご理解ください。

木酢液について

 食酢と違い、有害物質タールが含まれているため改正後は無登録農薬になりま す。

米ぬか、牛乳について

 ある程度放置すると腐食しカビが生えるため改正後は無登録農薬になります。

わさび、唐辛子などの植物

 残留農薬の基準をクリアーしたとしても木酢液などを使って栽培した場合毒性が増すの ではないかという懸念のため改正後は無登録農薬になります。

※これらの件に関しましては、猶予期間が2年間(2005/4/1施行)あり、各都道府 県知事の認可が下りれば申請者は使えます。また、2005年までに安全性が確保された場合、特定農薬として登録される可能性があり、全国的に使用が認められます。
 費用としては、1つの野菜(作物)で1つの特定農薬や指定農薬当たり300万円程度かかり、都道府県、市町村、個人のそれぞれが負担します。産地などにより負担する比率は変化すると思います。
 申請の窓口は、地元の市役所、役場、JAが行っています。その時、詳細な説明があると思いますので、その指示に従ってください。 (農業団体の支持がなく当選した知事は、たぶん許可し無いか、都道府県レベルの負担はゼロになると思う ので市民団体が動くしかないと思います:例 千葉県)

最後に

 いくら私は無農薬栽培しると主張しても法で梗塞ができてしまったため、お互 い迷惑をかけないよう注意してください。  また、この件に関しましてはアドバイスできませんのでご了承ください。

参考(にもならないかもしれません)

農林水産省(農薬情報)